1級建築施工管理技士試験概要

1級建築施工管理技士とは

1級建築施工管理技術検定試験は、建設業法第27条に基づき、(財)建設業振興基金(国土交通大臣指定試験機関)が実施する国家試験です。本試験に合格すると、「1級建築施工管理技士」の称号が得られます。

資格のメリット

  • 該当業種(注)における営業所に置く専任の技術者として認められます。(建設業法第15条)
  • 該当業種(注)における現場に配置する監理技術者および主任技術者として見とめられます。(建設業法第26条)
  • 所定の手続きにより「監理技術者資格者証」が交付され、また「監理技術者講習」を受講することができます。(建設業法第26条)※公共性のある工作物に関する建設工事の監理技術者は必須です。
  • 経営事項審査制度(経審)により、資格者1人あたり5点が企業の得点となり、公共工事等を受注する際の技術力として評価されます。

(注)建築工事、大工工事、左官工事、とび・土工・コンクリート工事、石工事、屋根工事、タイル工事、鋼構造物工事、鉄筋工事、板金工事、ガラス工事、塗装工事、防水工事、内装仕上げ工事、熱絶縁工事、建具工事

試験実施機関

(財)建設業振興基金
〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-2-12 虎ノ門4丁目MTビル2号館
TEL 03-5473-1581

試験日程

第一次検定 受検申込書発売 令和4年 1月14日(金)
受検申込開始   1月28日(金)
受検申込締切   2月10日(木)
試験日   6月12日(日)
合格発表    7月15日(金)
第二次検定 試験日   10月16日(日)
合格発表 令和5年 1月27日(金)

試験地

札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、那覇

受験手数料

第一次検定 10,800円 /第二次検定 10,800円

ホーム/1級建築施工管理技士:試験概要