2級管工事施工管理技士受験者数・合格率動向

試験実施機関(財団法人 全国建設研修センター)過去10年の公表データ

【概況・分析】受験者数はほぼ横ばいで推移してきています。合格率は、第一次検定・第二次検定を通算すると20%台と厳しくなっています。特に平成15年度以降、第二次検定の合格率が低下し、第一次検定の方が第二次検定より難しいと言えます。KGKC受験準備講習会参加者の合格率は、下記を大幅に上回っています。
区分 第一次検定 (旧 学科試験) 第二次検定 (旧 実地試験)
実施年 受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合 格 率
令和2年 9,535 6,064 63.6% 12,678 5,514 43.5%
令和元年 9,118 6,321 69.3% 13,064 5,760 44.1%
平成30年度 10,301 5,873 57.0% 13,694 5,537 40.4%
平成29年度 12,157 7,211 59.3% 14,449 5,903 40.9%
平成28年度 12,886 8,528 66.2% 13,775 6,136 44.5%
平成27年度 12,291 7,120 57.9% 14,108 6,474 45.9%
平成26年度 11,951 7,151 59.8% 12,724 4,633 36.4%
平成25年度 11,735 5,884 50.1% 12,680 4,804 37.9%
平成24年度 11,659 5,909 50.7% 12,504 4,645 37.1%
平成23年度 11,240 5,318 47.3% 12,278 3,972 32.4%
ホーム/2級管工事施工管理技士:受験者数・合格率動向